バナナに助けられる

 月曜日は接種の副反応で動けず、火曜日は出かけようと思っていたところ急な眠気で半日ほど寝てしまい、そしえ水曜日こそはと考えていたのに喉と鼻が怪しくなってきた。そういえば家族から「喉の調子が悪い」という話を聞かされていたので、もしや風邪がうつったのか。

 ねんのために水曜日を安静にしていたところ、木曜日…朝から喉が痛くてたまらない。トローチと、喉からくる風邪に効くという市販薬で対抗したつもりだが、気持ちに不安があり、心細く「このままずっと家から出られない病人になるのではないか」など、考えはじめる(←大げさに聞こえるかもしれないが、人間は体調をくずすと、おおむねこんな感じではないだろうか)。

 幸いなことに配達も何も予定がない日だったため、1日しっかりと横になり、ときどき手近なものを飲み食いしてすごした。
 昼までは微熱もあったが、午後遅くには、だいぶ症状が改善。

 役に立ったのは、意外にもバナナ。普段あまり食べないのだが、水曜日のネットスーパー配達にバナナを入れてみたところ、食べ頃で大きめの5本がやってきたのだ。半分食べたり、1本食べたりと、台所を通るたびに重宝した。それから以前に買い置きしていたチオビタドリンクも、2回ほどお世話に。

 木曜日の夜には頭も冴えてきた。よかった。

 ふたり暮らしの家であってもこれだけ不安があったのだから、ひとり暮らしで、しかも新型コロナと診断されている人は、どれだけおつらいだろうとの思いを新たにした。

(注: 家族はいつもの通りに食事を作ってくれようとしたのだが、わたしが普段と同じものをなかなか食べられず、それでバナナに頼ったという展開である)

耳掃除のカメラ

 もう10年くらい前だろうか。耳掃除で内部を傷つけてしまい、微量だが出血した。正確には、血は微量だったのだが、透明な液が翌日から耳を潤そうとたくさん湧き出してきた。耳の穴のすぐ近くまで出てきたものは除去したが、それ以外は耳の中で固まったようだ。

 そのころから「耳に何か詰まった気がする」と思いつつも、傷が癒えたころに耳掃除をすれば、ぜんぶまとめてとれるのだろうと放置すること2ヶ月。あまりにも重苦しいので、普段は内科などで通院している総合病院の耳鼻科に寄ったところ「あっ、固まってます。取ってみますが、痛そうなら時間をかけてやわらかくしますから、まず(器具を)入れてみます」と言うか言わないかで、赤黒い固まりを数個ほど除去してもらえた。耳の中が楽になった。

 以来、自分の耳の中を「見てみたい」という欲望にとらわれることがある。

 ガサガサと音がする気がしても、耳掃除をするほどのものかどうかをカメラで見てから綿棒を入れれば、怪我もなくて済む。ぜひ「見るだけ」見たいのだが、そういうものが売られていない。

 ネットでは「見ながら除去する」製品ばかり。つまりライトと耳かきが同じ器具で兼用になっているのだろう。
 そういうのではなく「見るだけ」というのがあればほしいのだ。

 何か検索方法を変えてみれば、細い場所を見るカメラというのは、あるのだろうか。

副反応の話

 昨日はワクチン接種(2回目)のあと体調がかなりよく、これなら自分は発熱と無縁かと思ったのだが、そうでもなかった。

 まず、就寝前に「手と足の先が、真冬並みに冷たい」という状況。だがそれ以外の部分は普通に暑いので、足の先をタオルケットでくるむようにして寝た。腕ももちろんタオルケットの中。

 朝の4時10分ころ、足先と手の指先の冷たさはそのままに、体が発熱。水分を補って、冷凍庫から小さな保冷剤を3個ほどポリ袋に移して、首の周りに当てるようにして様子を見ることに。体中が痛いものの高熱ではなさそうだし、まあ、様子見をしようかと思ったわけだが、それからの1時間が、なかなかたいへんで。

 わたしは具合が悪かったり熱があるとき、目の前に幾何学模様の何かや、パソコンのディスプレイに規則的に並ぶアイコンのようなものが出てくるのだが、今朝は1時間ほど「地図」が出てきて、誰かが解説しつづけていた。都内の住宅街の地図なのだが、地図と衛星写真が交互に出て「どんなにきちんと撮影してあっても、それを画像処理してパソコンの画面に出すときに、正確ではなくなってしまう、無理に平面にしているわけですからね」と、声が言う。
「つまんだりして、立体感を出してみましょう」とか、「ほら、本来の形に近づいて、土地の周辺にへりが見えてきたでしょう」やら、5分やそこらなら聞いていてやってもいいが、1時間。

 嫌になったので、わたしがここぞというときのために在庫している「セデスハイG」を飲むことにした。バファリンでは効き目に時間がかかるようなとき、わたしが頼りにしているとっておきの鎮痛剤である。空きっ腹では問題かと、薬のついでに冷蔵庫にあったおやつのクリームどら焼きをひとくち食べておいた。これで万全だ。
 保冷剤ではなく、冷凍庫から新たに氷枕(市販のぷにゅぷにゅする枕)も持ってきた。

 しばらくして気持ちが落ちついたのか、昼前くらいまでうとうとしながら過ごしたのだが、昼にセデス効果が切れたらしく、また手足が猛烈に冷たい。そして体が熱い。体温は計らなかったが、汗の具合から考えておそらく37℃台の後半くらいだろう。38℃あればもっと汗は出たのではないだろうか。

 家族が昼を用意してくれたのでそれを食べ、また眠りにつく。夕方まで、ほとんど起きずに眠ったようだ。

 そのあとは、ねんのためにもう1回だけセデスハイGを飲み、おそらくこれで明日からは普通に過ごせるのではないかと想像している。

 1日を短くまとめるなら「動けない。動く気になれない。体が痛い」、その3点セットに尽きる。吐き気などはなかった。

 これ、今後も毎年やることになるんだろうか。翌日にはぜったい予定を入れられない。

ワクチン接種会場にて

 午後12時15分の予約で12時ちょうどに会場に到着したが、すべてがスムーズで、12時16分ころ接種が終わり「12時31分の表示が見えたら、説明を受けてお帰りください」と言われた。

 日曜日だったせいか、あるいは2回目接種の人ばかりだったせいか、まごついて質問する人もほとんど見あたらず。接種してもらう側も、スタッフも、みなさんさくさくと手順を進めていた。

 ところで、帰宅してから思ったのだが、スタッフについて。

 入り口、待合室、最初の受付に計8名くらい、接種会場フロアの入り口と部屋内部に計2名、接種してもらうための問診医師、注射針を実際に刺す医師がひとりずつ、それら計12名は女性だった。そのあと接種後の待機場所に5名くらいのスタッフ(このうち男性は1名だったが、もしかしたら2名だったかもしれない)、さらに15分経過後の説明をしてくれる人が3名くらいで、これは女性。

 かなり女性の率が高かったのだが、何か理由があるのだろうか。

健康器具の買い替え

 1980円送料込みのステップ台を楽天で買うことになったので、10年以上前から家にある室内用のエアロバイク(やたら重い)を処分することにした。買ってから何年かはよく漕いでいたが、そのうちに液晶が役に立たなくなった。
 ディスプレイに数字が出なくても、漕ぐだけでもいいかと気を取り直して利用したこともあったが、ときどきキィキィと音が出るし、場所変更のため移動するのもたいへんな重さであることとで、この数年は屋内でほとんど「置物」扱いになっていた。

 買ったときは1万円くらいだったと思うが、粗大ゴミに出すには、引取料が2800円だそうである。だがずっと置いておくわけにもいかないので、よしとしよう。

 それにしても、品目の金額を調べるため都内の多くの区が参加している粗大ごみ受付センターにアクセスしたところ、品目名を調べるのがたいへんだった。

 エアロバイクでは、ヒットせず。
 いくつか試しても見あたらなかったので、仕方ないから上から順にリストをスクロールしていったところ「健康器具(サイクリングマシン)」だそうである。ほかのものも頭に「健康器具」と付いていたため、健康器具で検索をすれば見つけやすいのかもしれない。もっとも、参加している区で品目名までを同じに設定しているのかどうかはわからないが。

 ともあれ、粗大ゴミの予約はできたので、あとは楽天のステップ台を待つのみ。

 注文済み商品(送料込み1980円)

市販の睡眠導入剤

 季節の変わり目や、暑すぎる、寒すぎるなどの時期に、寝つかれないことがある。ひどいときには布団にはいってから2〜3時間ほど、自分が寝ているのか起きているのかわからない状態がつづく。

 そんな時期だけでも、市販の睡眠導入剤を試してみようかなと検索してみたところ——。すべてとは言わないが、いくつかの有名商品は「本来は別の用途で使われる薬が、その副作用として眠気を誘発する」ため、睡眠導入剤として売られているらしいとわかった。
 有名なところでは、抗ヒスタミン剤。

 わたしはかつて、夏にひどい蕁麻疹に悩まされた際や、まぶたのやわらかいところに何らかの虫刺され(?)が生じたらしく顔が腫れてしまったことがあり、近所のクリニックで抗ヒスタミン剤を処方してもらったことがあった。あとで別の皮膚科専門医に聞いたところでは、てっとり早い効果は見込めるが自分ならば別の薬にするということだったので、医師によって考えは違うらしい。とにかく、その医師が処方してきた抗ヒスタミン剤は、飲んだら起きていられないほど眠気がすごかった。

 あれはすごかったなと、思い出す。昼間だったのに2時間ほど爆睡した。

 そして、迷った。含有量にもよるだろうが、あれを睡眠目的に服用するというのはどうなのだろうと、ちょっと考えてしまったのだ。

 1日ほど考えて、ドラッグストアに出かけるのをやめて、「眠くなければ無理に寝ない」という作戦のほうがマシであるという結論に至った。あるいは、夜中に飲食はよくないだろうが、気持ちをリラックスさせるために温かい飲み物を少し試してみるのもいいかもしれない。
 薬に頼ると、常習してしまうのではと、怖くなる。

気分の波が大きい

 今年の夏が去年の夏以上に重苦しいものになっている現状は、ある程度までは覚悟していたつもりだった。だがさすがにここまでとは思っていなかっただろう。覚悟の上を行く現状に、自分のメンタルがちょっとやられてきている実感がある。

 2019年から少しずつ、そして去年からは意識して、いろいろなことに着手した。コロナのことがあり、意地でも日々を充実させてやろうという思いがあったものと思うが、新しいことにも挑戦した。現在もそれはつづいている。つまり、いろいろやっている「つもり」である。

 だが何をしていても、かつてと比較すればかなり多方面に手を出しているという充実感が、さほどない。ともすれば、ちょっとした瞬間に「こんな時期じゃなかったら。せっかくチャンスがあっても、思うようにできない」と、余計なことまで考えてしまう。

 このループから、なんとか遠ざかることができたらいいのだが。

 ときどき暗いことを考えるのは、よくあることだった。だが最近「こんなことが起こったらどうしよう」の空想めいた考えが具体的で、ふと気づくとそれを真剣に悩んでいたりすることもあり、不安定な自分を自覚する機会が増えてきた。

 無理に「明るくしよう」と思わなければいい。それが自分を追いつめる。

 好きに生きよう、好きに生きろと、こんなときは自分に言いたい。

マウスピース(夜用)を使ってみて

 以前にも書いたと思うが、明け方に夢見が悪くて口内を噛んでいる疑いがあったため、歯科医院でマウスピースを作ってもらった。上の歯の分だけで、だいたい3000円。ソフトタイプだ。

 変形するからお湯で洗わないようにと言われ水で洗っているが、日数を重ねる内に匂いが感じられるようになってきた。そろそろ洗浄液があったほうがいいと思われ、明日あたり買いに出かけてみよう。

 初回の相談時に、歯科医は「ほんとに歯ぎしりで唇や口内を噛んでいるのだろうか」と、やや疑いを持っていたようなのだが、わたし個人としては、いま安心を感じている。実はこの数日、夏バテのような状態になって突然に横になってしまうことがあるが、今日は唇を噛みそうな気配があった。どうにか噛む前に気づいて踏みとどまったが、普段の就寝時は、これで助けられているはずだと実感。

 マウスピースの洗浄液というのは、どんなものがあるのか検索したが、店頭で見て安そうな物をまずは買ってこようと思う。

ストレスと、夢の話

 先週の火曜日に転機があったのだが、そのころまでのわたしは精神的にもろい部分があった。かなりのストレスにさらされていた。思えばこの数ヶ月のあいだ「就寝中に歯ぎしりまたは口の中を噛んでいるらしい」、「そのせいで口内炎になっている」と考えてきたのも、それくらいのことがあっても不思議ではないほどの状況だという自覚が、自分にあったからだ。

(実際には、歯科医によれば「口内炎の原因は、う〜ん、歯ぎしり、かなぁ…?」と疑問符がつくようだが、わたしは可能性としてそれを信じていたし、とりあえず、夜間に使うマウスピースを作ることになった)

 このところ、夢見も最悪だった…というべきか、あるいは、寝るまでがたいへんだった。

 だがこの1週間で変化があり、もしかすると不安の原因が除去されるかもしれないので、気分が明るくなりつつある。家の中で笑い声も増えてきた。この件については、数ヶ月後または数年後かもしれないが、書いても差し支えない状況が来たら、ぜひ書きたいと思う。

 さて、そんなわけで、ストレスが原因なのかどうかはわからないが、今朝は変わった夢を見た。

 なぜか家に田舎の実母と、その知り合いらしい要介護の女性が来ていて、目を離すと何をするかわからないし、勝手にガスで火を使おうとするので、わたしはヘトヘトに疲れている。そこに佐川急便らしい人から電話がかかってくるのだが、電話をとる前に切れてしまったり、ようやく電話に出ると相手はわたしがどうせ出ないと思って社内の朝礼の夜バージョン(夕礼とか夜礼という言葉は存在するのか?)をしたりで、連絡がとれない。電話の向こうでは、点呼や挨拶をしている。こちらに気づかない。
 嫌になって電話を切ろうとすると、ようやくわたしに気づいて、相手はなんとかというカタカナ8文字の店から食品が届くはずだが遅れてすみませんと謝る。わたしは自分が覚えていないくらいなのでこんな時間に謝ってくれなくてもいいですよ、あとでのんびり配達してくださいと答えるが、相手は状況が許すようなら今夜のうちに持っていくのが使命であるかのように、熱意を示す。
 え〜、困ったなと電話を切って、そのカタカナ8文字の店を検索すると、神田川俊郎氏(昨年お亡くなりになっている)の率いる、洋菓子ブランドらしい。ん〜、その店から何か買ったっけかと、わたしは考えこむ。

 夢のなかで、その要介護者の女性が、ガス台ではない場所を無理やり開栓してガスを使ったのが、夢なのにやたらと怖かった。

 まぁ、おそらく、今回ここに書いた件が落ち着くのかどうかわかる時期が来たら、そういう夢も減っていくのだろうと思う。

ワクチン接種の予約サイト

 ようやく64歳以下も予約ができるということで、朝の9時少し過ぎからメールアドレスの登録などをしてみたわけだが、さくさく進んだのは、そこまで。その次の予約画面を押すと「混み合っております」が出る。

 ときどき画面を確認したが「もういいよ、めんどくさい」と放置していたところ、夕方に家族が「押せた」という。わたしもさっそく見てみると、動作がやや不安定ながら、メニューにはいることができた。
 画面がちょっとわかりづらかったが、なんとか、数週間後の予約を入れた。2回目接種はその3週間後を目安にまた予約するのだから、その2週間後に免疫が出来ると予想するなら、初秋まではとくに要注意ということになる。

 操作の画面がどうわかりづらかったかといえば、何度も似たメッセージを出すので、画面が遷移していない(同じページがまた表示された)と勘違いしてしまうこと。よくよく見るとページは進んでいるらしいのだが、それならばもう少し、進んでいるような変化をつけてもらいたかった。

 さらに、たとえば感覚の問題も多分にあるかとは思うが「以下から会場を選んで」と利用者に伝えたい画面でのことだ。そんなとき、選んでほしい候補の会場名を、そっくり薄いグレーで覆うだろうか…その色だと、押せないかのような勘違いを招きかねない。迷いつつも、けっきょくぜんぶがグレーなので、ためしにひとつ押したら画面が動いたのだが、そうするまでのあいだ、押せる場所を探そうとして何回もスクロールしてしまったのは、わたしだ。

 こうして、ようやく秋から冬にかけて人が注射をするころ、真冬に次の注射の順番が(医療関係者や高齢者等に)まわっていくことになるのだろうな。

 しばらくは、気が抜けない。