エミリオ・エステベス監督主演作品「パブリック 図書館の奇跡」

 家族が「映画を録画してある」というので、まったく予備知識のないままに見てみた。脚本、監督、主演がエミリオ・エステベスで、図書館の話なのだという。

(Amazonでも字幕版が見られるようなのでリンクしておく)

 原題は、The Public だ。舞台はオハイオ州。

 見はじめるなり「父親(マーティン・シーン)の若いころに、そっくりになったじゃないか」と、本編とは関係ないところで驚愕。そういえば数年前に1976年の映画「カサンドラ・クロス」でマーティン・シーンを見たときも、「若すぎてエミリオ・エステベスと区別がつかん」と思ったものだった。似すぎている。

 さて、ストーリーだが:

 いつも朝になると公共図書館に通ってきては、身なりを整えるなどくつろいでいるホームレスのグループがいた。寒波が厳しくなり、もうこのままでは生きていけないと感じた彼らは、自分たちによく接してくれる職員のスチュアート(演:エミリオ・エステベス)に、計画を打ち明ける——自分たちは今夜ここから帰らない、と。
 たしかに一般人でも体につらいほどの寒波であり、シェルターは足りていない。追い出せば彼らは死んでしまうかもしれない。規則では断らなければならないが、ホームレスらの決意は固く、気づいたときには70人前後がすでにフロアに集まっていた。

 最初はなりゆきで、彼らを守るためバリケードを用意させるスチュアートだったが、彼ともともとそりの合わない検察官(政界を狙う野心家)とのいざこざから、話がこじれる。そして彼は、ホームレスを扇動もしくは人質にとって何かをたくらんでいる悪者だとの誤った情報により、いったんマスコミの餌食になりかける。

 どうなるのかと、少しはらはらしたが、最後は痛快だった。

 傑作ではないかと個人的には思うが、IMDBでの評価は意外にも6.6のようだ。おそらくは、白人エリートが悪者に見えるこの作品を快くないと感じた人々も、一定数いるのかもしれない。

 前半はクリスチャン・スレーター演じる野心家の検察官が、あまりにも薄っぺらいキャラクタとして光る。そして中盤まではそこそこ穏健派かと思われていた交渉人役の警察官(アレック・ボールドウィン)も、やがていらついたおっさん風の役柄になってしまう。白人系の役者がストーリーにおいて善玉を独占してきた数十年以上の歴史に慣れてしまうと、こうした展開になかなか拍手喝采とまでは感じられない人も、いることだろう。

 まだご覧になっていない方は、ぜひ。
 過度の暴力やグロい場面は出てこないので、そこそこ安心だ。

Netflixにて、呪怨 呪いの家

 去年のいまごろ、配信開始されたばかりの「呪怨 呪いの家」を見はじめたのだが、6話中2話で脱落した。
 作品の描く時代の世相を反映しようという意図だろうが、かつての大きな事件をニュース映像のように作品に挟むその内容が、我慢ならなかった。女子高生が性犯罪被害にあったシーンののち、よりによって女子高生コンクリート詰め殺人事件を使った、その無神経さ。
 そのことに、むなしいというよりも、腹が立った。あの事件は、フィクションの一部にニュース映像のごとく一瞬だけ出すような、視聴者に簡単に消費させていいようなものではないし、そんなことをするのは、映像作品を作る態度としてどうなのかと。

 見るのをやめて、忘れていた。

 すると1年経って、ネットに書いた自分のメモが出てきた。作品を最初に見たとき「仙道敦子が出てきた」と、何やらうれしそうに書いていた。あれ、出ていたか…?

 あらためて、この作品を見た人のレビューなどをちらちら見てみた。やはり3話目以降も、その時代でどんな事件があったかのニュース映像もどきを挟む手法は同じだが、作品としては、もしやまとまりがあるようにも感じられるレビューがあった。

 仙道敦子はどんな役だったか忘れてしまっていたが、つづきの4話分(作品のクレジットなどを飛ばして見ればだいたい1話につき22分〜25分程度)を、休み休みに今日ぜんぶ見てみた。

 ああ、なるほど。
 ……ふむふむ、そうか。

 呪怨シリーズといえば伽椰子と俊雄の親子が出てくるものを連想する人が大半だろうが、その後はあの親子の見た目をお笑いのネタにして楽しむ風潮などもあり、最近は「呪怨」と聞いただけで「まだやるの、ネタあるの」的な、軽いうんざり感が否めなかった。

 だが、ほんとうはしっかりした前日譚があるんだぞと、真面目な世界を描こうという意図で作られたものだろうというのは、なんとなく感じられた。

 この作品を世に出したきっかけのひとつには、小野不由美著で映画化もされた「残穢(ざんえ)」、そして何かと話題の不動産事故物件検索サイトらの活躍といった、土地や建物にからむ因縁への関心が高まっているという、風潮の後押しがあったのではないだろうか。

 個人対個人の恨みによる「化けて出てとり殺してやる」といった幽霊話ではなく、より複雑にからんだ「土地に恨みや憎悪が染みついている」、「ここまでくると元から絶つのはたぶん無理」というものを匂わせておくことで、そして説明をすべてするのではなく見る側の解釈に委ねる余地を多くとることで、今後も呪怨ワールドは終わらず、ずっとつづけていくことができる。今回の件で「もっと見たい」と客に思わせられたのであれば、成功なのだろう。

 狙いは、わかった。
 ただ、ストーリーには、あらがありすぎる。

 作中で呪いの舞台となった家は、80年代までに、すでに何人もの人の手に渡っていた木造住宅だ。その後も不吉な噂や事件が絶えないものであっても、格安物件としておけば次から次に入居者があるというのは、ない。ぜったいない。物語は最後に90年代の後半で終わるが、若い夫婦が「安いから」という理由でやってくることは、家の見た目からしても、なさすぎる。

 それから、少しネタバレになってしまいかねないのでぼやかすが、ヨーロッパの石の住宅や、近代の建築でデザイナーに極秘で頼んだのでもないかぎりは、日本の古めの木造住宅で、天井裏の強度はたかがしれている。匂いも音も、温度も湿気も、とにかく、あれはない。

 まぁ、ともあれ、最終話の「時間が混沌としている」という描き方は、ビジュアル的に少し気に入った。
 それから仙道敦子は、やっぱり好きな女優だと再確認した。

U-Nextには、締め日というものがあった

 5月の17日に1ヶ月無料のトライアルで契約したU-Nextだが、フランスのドラマ「バルタザール」が見られるので、現在のところおおむね満足している。毎月もらえるポイントを使って、有料作品や雑誌、漫画なども見られるようだ。

 ただ、締め日というものがあるのを事前に考えておかなかったため、ちょっと損をしたといえば損だったかもしれない。トライアルが終了して6月月17日から料金を1ヶ月分取られたが、7月1日が締めなので、また支払い。半月で1ヶ月分を払ったことになる。日割り計算はしないらしい。

 これまでNetflixでもHuluでも、登録した日付で切替になっていたので、U-Nextにこういう落とし穴があったことを予想もしていなかった。

 これから契約する人は、月初がよいと思われる。

○ 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

マンダロリアン(アメリカのテレビシリーズ)に思う

 ディズニープラスの「マンダロリアン」を何話か見はじめたのだが、話題作とあっておもしろいと思う反面、何やら戸惑いもある。

 このマンダロリアンという番組は、ヨーダの子供時代のような見た目の生き物がやたら可愛いという、それに尽きる。少なくとも数話を見た段階では「それ以外のストーリーは、すべて付録なのではないか」と書いても、過言ではないようだ。有料チャンネルではあるが、雰囲気だけでも知りたい方は、こちら → ディズニープラス: マンダロリアン

 戸惑いというのは、大人が見る番組の中心に「可愛い」を持ってきたことだ。日本のように「可愛い」が大人にも受けいれられやすい土壌が、アメリカにもあったのだろうか。あるいは、最近こうなったのか。

 主人公のマンダロリアンは、自分が依頼に応じて捕まえてきたザ・チャイルド(仮名)が命を奪われかねない状態にあると気づき、謝礼を受けとって任務は終了だったにもかかわらず、奪い返してお尋ね者になる。
 行く先々で、大人にも子供にも愛されるザ・チャイルド。台詞はなく、見た目は幼児のようだが、実際には50歳らしい。

 かつては、日本以外の作品ではとくにだが、可愛さを前面に出す作品は子供向けだった。これはスターウォーズの世界観を踏襲した新シリーズなので、大人ももちろん見るものだ。見はじめても、見終わっても「可愛かった」が頭に残るこの作品、これは今後の流れを変えるのか、あるいはこれだけがとくに成功例となるのか。

 短いのでまとめて見てしまうこともできるのだが、少しずつ見ている。いまのところシーズン2まであるらしい。

 

U-NEXTを、お試し中

 個人的にはNetflix最強と思っているし、月額料金も少しずつ上がってきたし、他者のサービスを追加する予定はなかったのだが、ふらっとU-NEXTのお試しを開始したのが、数日前。

 もとはいといえば、ケヴィン・ベーコン主演で評判がいいらしい米国のドラマ City on a Hill が配信されていることで興味を持ったのだが、フランスの犯罪ドラマ(法医学者が事件のヒントを見つけていく)で人気シリーズの「バルタザール」も、はいっていた。以前にどこか海外ドラマのチャンネルでやっていたような気もするが、そのときは見ていなかったので、何気なく1話を見てみると、これがノリがよくておもしろい。

 めずらしい国や言語のドラマはNetflixにたくさんあるが、U-NEXTは映画が幅広いらしいし、新作も早めに配信になるのだとか。それに、なぜか雑誌や漫画のコーナーもあるようだ。

 お試し期間だが、もしかするとこのまま継続する可能性がある。

2019年の映画「マッドハウス(原題: 1BR)」

 家族が映画を録画したというので、昨日はこれを見てみた。日本では2020年夏に公開されたらしい。

 わたしは「怖い」とか、いわゆる「ホラー」なものには目がないのだが、これはひたすら「気持ちが悪い」系である。内部で描かれる暴力は、理不尽を通り越し、これを映像化しようと考えた人たちにかすかな怒りを覚えるほど(つまり「これを見させられてろくなオチでもなかったら金返せレベルだ」という、憤慨すれすれ)のものだった。

 主人公の女性はある大きな共同住宅に空室ができたということで、見学にやってきた。当日の訪問客は多く、抽選の倍率は高そうに感じたが、女性は無事に選ばれて、住めることになった。
 だがその家は、住んだら二度と出られないものだった——

 いちおう、見終えたが、カタルシスのようなものはないし、中盤まであれだけ暴力描写がひどかった割には、主人公の内面的な葛藤や、周囲の人々の掘り下げも足らず、何やら中途半端な印象だった。

 見終わったあとで検索してみたところ、かつてアメリカで活動していたカルト「シナノン」(スペルは Synanon)を元ネタとして使っているのだそうだ。
 その団体はもともと薬物乱用など何らかの中毒になっている人々を社会復帰させるとの触れ込みで、リハビリテーションとして人を集めていた。のちに宗教団体となったが、だんだんと行為がエスカレートし、殺人未遂ほかが発覚。最終的には「犯罪集団として認定されたので宗教団体の免除が受けられなくなり、金銭的な理由で解散」ということになったようだ。日本語Wikipediaは見あたらなかったが、英語版はこちら

 ゴールデンウィーク中は、もう少し、明るい映画が見たい。ほかも探してみよう。

 ちなみに原題の1BR(ワンビーアール)とは、寝室がひとつの間取りということ。だが日本の感覚の1DKとは異なる。寝室がひとつでも、台所やそれ以外の部屋がある。

「コブラ会」ほか

 最近のNetflixでは、80年代にシリーズ化されていた映画「ベスト・キッド」シリーズ(原題はカラテ・キッド)の後日談「コブラ会」を見ている。長さが30分程度なので、1話だけ見てもいいし、2話を見ることも。
 出演者は当時のシリーズに主演していたラルフ・マッチオと、初回のライバルであるジョニーを演じたウィリアム・ザブカ。このテレビシリーズでは、どちらかといえばジョニー役が主役といえるかもしれないが、第1シーズン後半から、ラルフ・マッチオ演じるダニエル・ラルーソの家族と、空手の稽古に関して、じっくり描かれるようになる。

 まだわたしは第2シーズンを見はじめたばかりだが、第4くらいまであるそうなので、今後もゆっくりと見ていこうと思う。

 ほかにNetflixで見ているのは「Unité 42」というベルギーの警察ドラマ。これはアメリカのCSIシリーズ(とくにCSIサイバー)のような話で、フランス語の学習が目当てで見ている。字幕はフランス語に設定。

 はっきりいって、わからない場所が多い。よくわかったように感じたのは初回といくつかの話で、わからない回はほんとうに「自分は理解できたのか?」と、首をかしげたくなる。鑑識やコンピュータ関連の場面は意味がわかる(というか推測ができる)が、家族の場面の日常会話やら、同僚同士の何気ない会話が、よくわからない。
 全10話程度で、あと1話で見終えるが、そのあとは最初から見て、どうしてもわからない場所を拾っては、ところどころ字幕を英語に切り替えるなどしようかと思う。意地でも日本語字幕に頼らず、がんばりたい。
 言葉はさほど聞きとれていないが、主演のひとり、元ハッカーの女性警察官の表情が好きだ。

「デッドゾーン」1983年の映画

 クリストファー・ウォーケン主演、デビッド・クローネンバーグ監督作品、原作はスティーブン・キングの「デッドゾーン」が、アマゾンプライムにはいっていて、そろそろ終了するというので、見てみた。

 好きなのですでに何度か見ているのだが、年代が古すぎてなかなか配信サービスにはいらない。また、はいった場合でも吹き替え版という場合があり、今回のアマゾンがそれだった。英語版はアマゾンの別サービスで有料のほうにならあるようだが、まあ、内容はよく覚えているし、吹き替えでもいいかなということに。ちなみに家族は未見だったようで、楽しそうに見ていた。

(Amazon Primeに、2月末で配信終了の吹き替え版がある)

 交通事故で昏睡状態の長かった男性が、不思議な能力を身につける話。
 目覚めたとき婚約者は、ほかの道を選んでいた。自分は能力により人助けをしたことで世間の注目を浴びてしまう。どうにか体力をもどし、日常生活を送ろうとするころ、連続殺人事件の捜査に協力してくれとの依頼が。
 また能力者として騒がれる日々は困ると思いつつも、協力する主人公。だが彼はあるとき、かつての婚約者が支援している政治家候補と偶然に握手をしたことで、その男の邪悪さを知ってしまうことになる。

 昔の映画らしい適度な短さ、詳細を省いた骨子だけのストーリーライン、ラストの潔さ。
 わたしは、この映画が好きだ。
 
 ただ、この吹き替え版に関していえばだが、テレビ放映時にカットされた部分を英語で流して日本語字幕で補っているので、途中で何カ所か、作品世界から引きもどされた。「ああ、ここテレビ放映されなかったんだぁ」と、つい余計なことを考えてしまい、のめりこむほどには、その世界に浸れなかった。

「凍てつく楽園」というテレビドラマの邦題

 スウェーデンのサンドハムン島を舞台にした犯罪ドラマシリーズがある。1年に数話ずつ放送されていて、現在おそらく10年くらいになるらしい。

 WOWOWのオンデマンドに初期のころの作品がはいっているほか、最近の作品が放送された際に録画したものが手元にあるので、10年くらい前のものと、最近のものを少し見てみた。

 で、思ったのだが…

 サンドハムン島は、夏に出かけるのが有名なリゾートらしい。作品も、たまたま見たものだけかもしれないが、夏が舞台だった。ちっとも「凍てついて」いないのだ。

 それでもねんのためサンドハムン島で画像を検索すると、やはり観光関連サイトも夏の絵ばかりである。

 凍てついてない。
 どこからきたのだ、この凍てつくは。

 もう何話か見たら、とてつもなく陰鬱で、比喩として「凍てつく」感じの内容が出てくるのかもしれないが、現在のところは、寒いかどうかの意味合いで考えると、凍てついていない。

 そういえば、別のドラマのこと。

 2015年に開始したアイスランドのテレビシリーズ(2シーズンまで)は、邦題が「トラップ 凍える死体」である。第1シーズンはほんとうに凍えまくる景色と環境だったものの、第2シーズンは(ぜんぶを見たわけではないが)雪がちょっと残っている程度の街が舞台。季節は冬ではなさそうだ。まさか第2シーズンがあると思わずに「凍える死体」にしてしまったのだろう。
 この番組にかぎらず、もし長くつづいた場合には、その後のフォローがたいへんになってしまう事例というのは、少なからずありそうだ。

 

AXNで、70年代のアメリカのドラマを連続放送

 今日、なんとなくつけたままにしていたテレビ(チャンネルはAXN)で、夕方にチャーリーズ・エンジェルを連続でやっていて驚いた。ひと昔前にドリュー・バリモアがプロデュースした映画版ではないし、もちろん最近のクリステン・スチュワート主演版でもない。70年代にジャクリーン・スミスやらシェリル・ラッドが出ていたあれである。

(下記の画像は英語版のWikipediaからリンク)
Charlies Angels cast 1976

 おまけに今日は、最初のシーズンで去ってしまったファラ・フォーセットがゲスト出演している回だった。
 なんとも懐かしいことだ。あの方が、亡くなってしまったというのは、ほんとうに悲しい。

 そして、この放送が終わったら、次はなんと「バイオニック・ジェミー」だという。3シーズンぜんぶ放送だそうだ。録画することにしたが、二カ国語というのは普通に録画してもあとから選べるんだっただろうか。心配で数分ほどチャーリーズ・エンジェルを録画してみたら、どちらの音声でも聞けることがわかった。さらに最近のドラマで文字の放送に対応している作品ならばだが、録画後に字幕も表示できるようだ。

 いつも字幕版の時間を選んで録画していたが、バイオニック・ジェミーは古すぎて字幕があるはずもないから、二カ国語で楽しむことにしよう。

 さらに、ブロード・チャーチの第3シーズンを二カ国語で録画してあるのだが(なぜか第2シーズンを見るチャンスがなくてそのままハードディスクの肥やしにしてある)、いつか見ることができたら、それも英語で見られるし、運がよければ字幕も対応しているかも。

 ああ、よい世の中になったものだ。