悪い予感は当たる…Netflix「カトラ」

 1年くらい前から、1話と半分だけを見て「この暗さに耐えられない」と放置していたのが、Netflix「カトラ」。アイスランドを舞台にした「噴火で灰まみれになった土地に起こる不思議な出来事」の話である。

 1年くらい放置したのだが、なにかのはずみに残りを少しずつ見てみようという気になった。

 ネタバレにはならないだろうという範囲で、内容を書いてみる。
 大きな噴火から1年で、地元に長く暮らす住人たちと火山研究の科学者たちを除き、観光客などはやってこない「ど〜んよりとした静かな街」に、灰のような泥土のようなものにまみれた真っ黒な人間たちが、ひとり、またひとりと、やってくる話である。

 死人が蘇った系の話ならば、この10年くらいはとくに、各国のドラマでよく描かれている題材である。だがこの話では、死人ともいいきれない立場の人が含まれる。そういう点ではイタリアのドラマ「鐘の音が聞こえたら」のような話の流れにも近いももがあるかもしれない。

 全8話なので、長い中断ののちに5話まではゆっくり見てみたのだが、5話のラストで「あ、これはまとめて見てみようかな、わけがわからなすぎる」と考え、半日で残りの3話を見てみることに。

 謎がどこまで解説されるのかを期待していたのだが、それ以前の問題として、出てくる人間たち(とくに男性)で、いい人がいないことが気になりはじめる。なんなのだこいつらと思いたくなるような人間が終盤以降は増えてきて、目に余る。さらには、アメリカのドラマならこれはなかなかないかと思うような子供の犯罪と、最後にその子供がどうなるかが、ざっくり書くと過激な分類。「よく子供にこれやらせたなあ、撮影のあいだにカウンセリングとかしたんだろうな」と考えさせられた。

 で、謎解きなのだが…いや、これ、う〜ん。わかったような、わからないような。
 地元の伝承を聞いた科学者が事態を解明しようと関連ありそうな場所を再調査し、不思議なものを実際に見て「これこれこういうことではないか」と自説を披露するのだが、ドラマ全体の雰囲気や世界観と、その「科学で突き止める」という登場人物の姿勢は、うまく調和していないような気がした。

 ネタバレになってしまうので具体的には書けないが、ひと言だけ。ラストで「もっとたくさん出てくる」ことを匂わせているけれども、上述の科学者の説や主人公のひとりであるグリマの解釈が正しいとするなら、たくさんは出てこられないはずで、街の人口より多くは出てくることが難しいだろう。住人がもどってきたり観光などで賑わいが増した場合はわからないが。

 最初の予感「やたらと暗そう」は、最後までその通りで、当たっていた。だが見なければよかったのかというと、妙な描写や登場人物により「いちおう次を見てみようか」という気にさせられたのは自分であり、それがおそらく制作側の思うつぼなのだろう。

 それにしても、つくづく「いい人がほとんど出ない」ドラマだった。

中谷美紀がすごい

 WOWOWで、中谷美紀主演のサスペンスドラマ「ギバーテイカー」が放送開始になった。警察ものだと思っていたが最初がホームドラマのような内容で「あれ、犯罪を追う話じゃなかったんだ」と、どこで勘違いしたのかと見ていたら、そこで話がガラッと変わった。

 平和な家庭で、幼い娘が殺害された。殺したのは顔見知りだが、少年ということで世間的には名前も伏せられたまま、本人は医療少年院に送られた。
 それから12年。教師だった母親は警察に転職。するとそこに別れた元夫から、少年が出所したと連絡がはいる。

 かつて娘を殺した男(現在は成人)を許すか許さないか、そういう展開なのかと思っていたら、そこでも予想は裏切られた。男のほうが、自分が手にかけた子供の母を追いはじめるのだ。もともと男を許す気のない母(であり現在は警察官)は、それにどう立ち向かうのか。

 …このプロットだけでもかなりおもしろいのだが、それ以上に、約20年前に中谷美紀が主役を演じて大ヒットしたドラマ
 「ケイゾク」とからめて考えると、ひとりの女優を通じて関連作品を見ているような惑いがあり、それがさらなる趣につながる。

 ケイゾクでは、キャリア組で頭はよいがどこかズレている警察官「柴田純」と、高校生の妹を集団暴行で自殺に追いこんだ主犯格の元少年を執拗に追いつめる警察官「真山徹」が主役。柴田を中谷美紀、真山を渡部篤郎が演じた。真山が追う相手は底知れぬ力を持ち、周囲の人間を扇動したり操ったり、他人と入れ替わったりもしながら、ふたりを翻弄する。

 今回のこの「ギバーテイカー」は、あの「ケイゾク」のころのコミカルさのある柴田淳ではなく、どこまでも相手を追いつめる復讐のかたまりであった真山徹の気持ちを引きずったままの存在として、中谷美紀が20年後にもどってきたような気がしてしまうのだ。もちろんこの作品は作者と原作があると聞いているので、作者がそう意図したのでないかぎりは「ただの偶然」だろうが、わたしのように思い出す人間も多いかと思う。

 それにしても、40代後半と聞いているが、中谷美紀の凜とした美しさには圧倒される。
 あるシーンでは橋の下から上を見上げるだけなのだが、「立っているだけなのにかっこよすぎる」と、ため息が出た。おそらくその感想を狙って撮っているし本人も自覚しているだろうが、立っているだけなのになんだこれはと、驚いた次第である。

 さて、WOWOWオンデマンドでは2話まではいっているようなので、のちほど2話も見てみなくては。

映画の予告編で、ウケた

 インド映画の「バンバン!」というものが公開予定らしい。ネットで予告動画が流れてきたので思わず見てしまった。トム・クルーズとキャメロン・ディアスの「デアンドナイト」に似た話らしい…と思ったら、どうもリメイクなのだとか。

 主演のお兄さんが、ノリノリである。楽しそうだ。トム・クルーズが控えめに感じられてしまう。

 音を出さないで予告編を見たが、おそらく歌とダンスがたくさん出てくるのだろうな、インド映画だから。

アイスランドを舞台にした映画「ラム / Lamb」

 いちおう、ホラー映画なのだろうか。アイスランド語の原題は Dýrið で、これは「動物」という意味らしい。公式サイトはこちら

 アイスランドの山で羊を飼う夫婦の前に、ある生き物が現れる。羊の出産を手伝って、引きずり出したものが「それ」だったのだ。最初はそれが何なのかは画面に出さない。だが頭が羊で、頭以外を見せないのだから下半身が「羊ではない」というのは容易に想像できる。

 やがて夫婦は「それ」に亡くした子供の名前を付け慈しむ。

 生みの母(羊)が子供を求めて窓の下から離れないが、妻はその羊を非道な方法で追いやる。

 「それ」の愛らしさや、ほのぼのとしたシーンも描かれる。いったいこの映画はどういう話になるのだろうかと思わせたところで、突飛な、だがある意味で現実的なものが出現して、話は終了する。

 終わり方が物足りなかったが、まあ、いいのかもしれない。

 以下、少しネタバレに近くなってしまうかもしれないので、未見の方は注意。

===== 見た感想 =====

 見た目も、立場としても「ぜったいに実子ではありえない」存在を、夫婦は自分たちの寂しさから溺愛し、本来の母である羊を排除する。許されないことであるのに、そこに目が向くかどうかで話の見え方が違ってくるのだろう。
 これを「立場の強い金持ち」と、「いつも踏みにじられる弱者」に例えれば、まったく自然で筋の通った話なのだ。最後にやってくるものは化け物でも何でもなく、仕返しであり、報いだ。されたことをやり返しにくる何かは、ホラーでも何でもなく、当たり前のものである。

悪魔払い系の映画に、異種格闘技戦はありえるか

 エクソシストという70年代のホラー映画がある。初回は主演の少女リーガン(リンダ・ブレアが演じた)の描写がひたすら話題になったが、リーガンが出る第2作が数年後にあり、以降はリーガンは出演せず世界観をつないだのみの作品が数作あった。

 Netflixに「エクソシスト ビギニング」と、「ドミニオン」という作品があった。どちらも主演はステラン・スカルスガルドでその役どころはアフリカで発掘中のメリン神父。第一作でリーガンをすくった神父のひとりであるため、この2作はそれ以前の話ということになる。

 なぜ似た話が2004年(ビギニング)、2005年(ドミニオン)とで別々に公開されたかというと、こちらのブログさんがたいへん参考になる( → はにはにわ。さんの記事: エクソシスト/見る順番)。「ドミニオン」が先に撮影されたが映画制作会社がその出来に満足せず、お蔵入りになっていたところ、同じ題材でもう一本が作られた(こちらが「ビギニング})。だがそのあとでドミニオンが公開になった、だから似ている、ということらしい。

 ドミニオンを先に見てとくに感じたのだが、場所はアフリカであり、そこになぜかキリスト教の教会が埋まっているようなので発掘をする、という話だ(これはどちらの作品にも共通している)。
 キリスト教っぽいものが埋まっているからといって、それはキリスト教とは違うのだろうし(時代がキリスト教が広まるよりもかなり古い時代のものだったため登場人物らも半信半疑)、しかもドミニオンに関してはとくにだが、出てくる化け物的な存在が、わりとアジアっぽい見た目をしている。

 おっ、これはもしや、初めてわたしの前で異種格闘技戦がおこなわれようとしているのだろうか。ちょっと期待した…。

 第二次大戦中にナチスにより地元の村を破壊され、自分も関与させられてしまったメリン神父は、そのとき村人らをすくってくれなかった神を信じきることができずに、教会を(一時的に)離れて趣味の考古学に没頭していた。その目の前に、よくわからない存在が出てきて暴れまわり、あげくに問答をふっかけてくる。

 エクソシストなど悪魔払い系の映画は、キリスト教が善である(もしくはキリスト教以外は存在しない)世界観で描かないと破綻するものと思われる。たとえば日本の山深い地域で何か不可解な現象が起こったとき、人が相談するのは寺であったり古くから地元で話題になっている民間信仰の対象であったりするわけで、間違ってもローマカトリック教会から派遣されたエクソシストが出る幕はない。
 つまりこの「ドミニオン」も、何が何だかわからない相手が出てきたとき、キリスト教の説教が通じるとは限らないわけだ。

 だがこうして、わたしの目の前で、往年の「モハメッド・アリ対アントニオ猪木」的な話題がくり広げられるのかということになれば、わくわくする。見ながらちょっと期待した。

 …だが、まぁ、う〜む、話はそこそこであった。つまらなかったというほどではないが、ぜったいに見てくれというほどでも。

 つづいて「ビギニング」を見たわけだが…。
 こちらは異種格闘技戦の味わいはかなり薄まっていた。最初からはっきりと「キリスト教の教会が砂に埋まっている」という設定だ。途中でさらにあきらかになるが、その教会の存在は一部の関係者が以前から知っていた、ということ。つまり最初から「以前からキリスト教と敵対していた何か」がいると、狭めているわけである。そう限定しておくことで、キリスト教の儀式や言葉が相手に武器として刺さっていく土壌を作ったのだろう…。だがこちらは、まじでつまらなかった。なんとか見終えた。

 2023年以降、初回のエクソシストの後継作品がシリーズ化されるそうである。重要な役どころとして初回のリーガンの母を演じたエレン・バースティンが登場するそうだ。

 エイリアンとプレデターが戦う映画はあるが、キリスト教とは無縁そうに見えるなにかが暴虐のかぎりをつくしているところに、とりあえず何かをしにやってくるローマカトリック教会という話が見てみたい。そんな映画がすでにあるならば、教えていただければ幸いである。

デジタルリマスター版「光る眼」

 30年近くも前の映画「光る眼」(原題: Village of the Damned)を、昨日偶然にスターチャンネルで見かけたのだが、映像に驚いた。つい最近の映像に見えるほど、まったく画像が普通なのだ。

 見ながら「光る眼にそっくりだけれど、最近またリメイクしたんだっけ」と家族と話していたが、主要キャストにクリストファー・リーヴとカースティ・アレイがいたので、間違いなくジョン・カーペンターのあの作品だとわかった。

 デジタルリマスター、恐るべしである。

 しかもキャストを調べたら、1995年のその作品ラストで、光る眼の一員であってもひとりだけ人間に近い感性を持っている少年が街から逃げるのだが、2008年からの「ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ」でジョン・コナーを演じたトーマス・デッカーだとわかった。よく見ると面影がある。

 リマスターであれほどきれいになるものなら(どれほど手間と金がかかるかは不明であるものの)、ほかの作品も期待したい。

Children of Dune (2003) を録画で鑑賞

 8月下旬に、おそらくはWOWOWプラスだったと思うが、デューン砂の惑星にちなんだ作品を放映していた。カイル・マクラクラン主演の映画版、テレビ版(2000年)と、テレビ版の続編(2003年)であるが、2000年のものの途中で気づいて残りを録画しておいた。

 ポール・アトレイデス(のちのムアディブ)が、正妻ではないが愛し合っているフレメンのチャニとのあいだに双子をもうけ、この2003年版では、そのふたりが主役となっている。

 息子を演じるのはなんと若き日のジェームズ・マカヴォイ。

 画像としては少しものたりない部分もあるが、それは20年前であることとテレビ版の予算を考えれば無理もないことで、むしろ話が丁寧に描かれているところには好感が持てた。

 ソフト化もされているらしいので、関心のある方は検索されたし。

 ところで、唯一の「これがなかったら〜」というポイントは、スーザン・サランドン。
 名優ではあるが、格式の高い家を取り仕切る奥方様の役はまったく似合わない。衣装もおそらく豪華であったり装飾品も付けているのだろうが、なにやら安っぽく見えてしまう。スーザン・サランドンといえば、庶民から這い上がって上に行くとか、気っぷのよい姉御として周囲を取り仕切るイメージであり、皇帝の座を争えるような名門の家の主には見えないのだ。
 それを言ってしまえばその父(前皇帝)を演じたジャンカルロ・ジャンニーにもまた同じで「え、この人が皇帝の役に」と、そのときも驚いたものだった。庶民の役とか、身を持ち崩してしまったが昔は金持ちだったとか、そういうものを演じると似合う人である。1974年の映画「流されて…」での演技が印象深い。

“How It Ends” ほか、パニック映画

 だいぶ前にNetflixで見たのだが、2018年のアメリカ映画で、How It Ends(邦題は「すべての終わり」)というものがあった。災害パニックなのか、なにかが起こっているのだがそれが何なのかが、最後までよくわからないまま。とにかく、心がすさんだり病んだりしている人たちをかき分けて、主人公の男性が婚約者の女性を長旅の果てに探しあてて、最後にやっと一緒になる…話なのだが。

 日本語のWikipediaには細部まで書いてしまっているので、ねんのため英語のIMDBをリンクしておく → How It Ends (2018)

 これがだね、話はわからないし、ほんとうに「すべてが終わる」のか、あるいはもしや「はじまってもいないんじゃないか」とか、考えさせられるのだ。まさかの夢オチとか、主人公たちもう死んでいるのかとか、あれこれと。だがそんなことを考えるだけ損で、話はブツッと終わる。

 同じパニック系でも、何が起こったかはだいたいわかるのが、2020年のグリーンランド -地球最後の2日間- (こちらは最後まであらすじが書かれていないのでリンクしておくが、これから書かれたら申し訳ない)

 地球に彗星(の破片)が降りそそぐ。運と体力を使いまくり、暴力や策略をかいくぐって、巨大シェルターがあるというグリーンランドに移動する夫婦とその子供の話。これも汚い人たちがけっこう出てくる。

 別の意味で「こりゃ、すがすがしいぞ」と感じたのが、Netflixで2021年に公開された「AWAKE/アウェイク」。これはリンクを張るとネタバレがけっこう引っかかるので、ご自身で注意しながら検索されたし。

 どうすがすがしいかと言うと——世の中の誰も眠れなくなってしまったという世界を描くのだが、見る側の多くが「どうしたらみんな眠れるようになるか」という方向に話が行くのだろうと予測するものの、そうではないのだ。自分の子供が寝られる体質だとバレてしまった母親が、研究所に連れ去られてしまった子供を取りもどすために奮闘する話。その途中経過として、優秀な人たちにもわからなかった「こうすれば寝られるのでは」がわかるのだが、主人公親子らは、別に世の中をよくしようとか誰かを助けようというわけではなく、怖い場所から逃げたいだけという、単純明快な流れである。

 ちなみにわたしは、いきなり世界が壊されて人が逃げまくる映画として、けっこう「スカイライン -征服-」が好きであると、書いておく。

映画の妙な邦題

 何週間か前のどこかのチャンネルで、夜中にこの映画が流れていた。ザッピングしている途中で見つけて後半を見たのではないかと思うが、もし最初から「なにか映画はないかな」とテレビ欄を見てしまっていたら、おそらく見なかった。

 残念ながらお亡くなりになっているが、米国最高裁判事のひとりであり、その功績で多くの人に畏敬の念をいだかせたルース・ベイダー・ギンズバーグの若いころを描いた作品だ。

 同じご意見の方がいらしたので、ツイートを貼りつけさせておく。

 タイトルが「ビリーブ 未来への大逆転」。これを先に見ていたら、スポーツか、あるいはビジネスの映画だと思ったはずだ。原題は on the basis of sex であり、「性別に基づく」、「性別により」という意味である。女性であるから門前払いにされることが多かったさまざまな分野で、性別で決めることの無意味さと愚かさを、ギンズバーグ氏はずっとわかりやすい言葉で説いてきた。

 タイトルにひるまず、どこかでこの作品を目にしたら、ぜひ見ていただきたい。わたしも後半しか見ていないので、どこかでそっくり見る機会があるとうれしい。

ロザムンド・パイク主演「パーフェクト・ケア」

 2020年のアメリカ映画である。原題は I care a lot (軽く訳せば「はい、お世話しますとも〜」)で、悪徳という言葉では足りない極悪な後見人の話。10年くらい前だったか、映画「ゴーン・ガール」で悪女ぶりが板についていたロザムンド・パイクの主演である。

 予告編は、こちら。

 手間ばかりかかって面倒な患者がいれば回してもらえるように医師から情報を聞き出し、その患者が金持ちだった場合に限るが、施設への入所をなかば強制して家族らの手が届かないように自分が後見人となり、その財産を気ままに処分していく。本人と事務所に勤める人間がグルで、裁判官もすっかり騙されている。抗議してくる家族は暴力的であるという話まででっち上げる。

 あるとき身寄りがない女性を見つけた主人公は、手際よく強制隔離をし、施設を言いくるめて携帯電話も取り上げてしまう。ちなみに施設のオーナーもグルである——が、今回ばかりは相手が悪かった。わけあって世間から隠していたが、とんでもない人物とつながりがある老女だったのだ。

 最初がひどすぎるので、この主人公はどうなってもいいと思って見ていたのだが。
 老女の身内と何度もの激しい応酬ののち、最後はすっきりとしたオチだった。

 見た目がすっきりしていて仕事ができそうな雰囲気だけある極悪な後見人、実際にいたら怖い。