社会・事件

悲しい事件

 埼玉県の病院での事件 → 2019.05.15 朝日新聞 病院トイレで死産の胎児、清掃員が誤って流す  胎児の心肺停止により入院中であった妊婦さんが、分娩の前に(←すでに死産であっただろうけれども記事には分娩のためとあ […]

都内で運転免許の自主返納が増えているらしい

 大型連休明けということもあるのかもしれないし、先日の池袋の事件の影響かもしれないが、免許返納が増えているようだ → 東京新聞 2019.05.10 免許の自主返納、都内で増加傾向 池袋事故が影響か  自主返納というもの […]

暗いニュースが多い

 4月末に大阪の寝屋川市で「深夜の2時20分ころ」、「男子高校生ふたりが」、「新聞配達のためミニバイクで出勤途中だった77歳」女性をロープで転ばせて、大怪我を負わせたという記事を先ほど読んだ。  夜中に高校生。77歳の女 […]

天皇制反対の抗議運動があったらしい

 夕方のニュースで、新宿での抗議運動(天皇制反対と、その抗議運動に反対する運動の両方)があったと聞いたので、ネットでも検索してみた → 共同通信 20.9.04.30 東京・新宿で反天皇制訴え集会 右翼抗議、逮捕者も   […]

回収車と選挙カーが交互にやってきた土曜

 何かの回収車が、かなり脳天気な高い声で呼びかけながら家の前を通った。もちろん録音の音声は女性だが、運転しているのはかなりの確率でおじさん系であろうと思われる。いつもそのギャップを考えてクスリと笑うが、今日は笑ってもいら […]

ひこにゃんに冷や飯を食わせるとは…

 あれだけ世話になっておきながら、彦根市は、ひこにゃんに冷たすぎる。ひこにゃんがいるというだけで、用事や旅行の途中で彦根市に寄ろうと計画した人を、わたしは何人も知っている。  市からの予算がおりずに、ひこにゃんが数日休ん […]

新元号への率直な思い

 新元号の令和は、冷たい印象がある。無機質で、ぬくもりを感じない。提案者や選んだ人の意図にはあれこれあるのだろうが、現代日本語における率直な連想としては、命令、号令、律令の「令」であり、とても固さのある言葉だ。そしてその […]

くら寿司のバカッター事件

 くら寿司という店は寄ったことがないのだが、もしや何年か前の節分にイワシをまるごと巻いた店だっただろうか。あれはもう、チラシの画像を見ただけで一生忘れないインパクトがあった(笑)。  さて、くら寿司。最近になって、バイト […]

除菌消臭スプレーの「放出」記事

 札幌でアパマンショップ(不動産会社)の店長が「室内で」除菌消臭スプレーを100本以上撒いた結果、近隣を巻きこむ爆発が発生した件。  最初にネット上で読んだ新聞記事は「100本以上の除菌消臭スプレーを放出」だった。テレビ […]

ちぐはぐな政治

 現在の政治に幻滅を通りこして怒りを感じている。  地方創生といいながら都会や都市部にしか有利なことをしない。たとえば水道事業を民営化したらどうなるか。採算がとれる場所だけが有利になる。地方では水道料金が値上がりしたり、 […]