LINE経由でクーポン

 あれほどLINEは嫌いで「ぜったいやらない」と決めていたわたしだが、10ヶ月前の新型コロナ罹患で、日々の状況を「うちさぽ」に送るにはLINEしか選択肢がなかったために開始。——LINEは嫌いですと言い張れば朝晩に医療スタッフが電話をしてこなければならなかったのだろうから、それはさすがに言える立場ではなかった。

 その後、東急ストアの高円寺店がLINEで東急ポイントと楽天ポイントを一度に表示できる画面というのを提供しはじめたので、使うようになった。

 さすがに、数ある通販サイトや近所の店のひとつひとつで「友達になってくれたら100円クーポンをあげます」程度の案内ならば、きりがないので利用しない。だがいくつかの店のように「チラシとクーポン」を定期的にくれると書いていると、やってみようかという気になってくる。

 だがやはりすべての通知を切っているので、自分が買い物に出ようかと思うときにしかLINEを立ち上げない。TwitterとFacebookの通知だけでもかなり手一杯であり、Instagramの通知も切っているほどだ。

 通知を切って使っているため、誰にもLINEのアカウントは教えていない。チラシとクーポン情報のみが、ときおり舞いこんでくるだけである。