Apple PayにWAONも入れてみた

 これまで持っていたのはWAONポイントカードのみで、プリペイドのWAONではなかったため、App StoreからWAONのアプリをダウンロードし、プリペイドカードを新規開始してみた。プリペイドを持っている人は、カードをかざして残高の吸い上げができるらしい。

 nanacoで経験していたため、ほとんどはスムーズにできたのだが、ちょっと笑ってしまったことがある。
 アプリを完全にApple Payとして認識させる(ウォレットのメニューに組み込む)前に、1000円以上のチャージを完了しなければならないらしい。わたしは「チャージはあとでいいや、これで設定ができた」と、画面を抜けてしまったところ、チャージをする画面からやり直しになってしまった。

 こちらの場合も先日のnanacoと同様、普通のVISAカードはチャージ用として認識されないため、UCマスターカードでチャージをした。1000円を入れて、ウォレットのメニューに組み込んだ。
 いったんアプリを終了してふたたび立ち上げると、また似たような画面が出たので「また設定をするのか」と思ったが、ただ単に確認画面が出るということだったらしく、そのあとは起動するだけでWAONの画面が出るようになった。

 WAONポイントカードは、去年の春くらいまで、他社クレジットカードと併用ができたので、使っていた。だがその後は「現金の人のみポイントが付く」という流れになったので、ポイントをできるだけ使って、財布の中に入れるだけにしていた。だが、そこにはいっているポイントはおそらく数円、多くても数十円程度だろうと思われるので、今後はApple PayのほうのWAONを使うということで、よいかと思う。