行楽地での「流しそうめん」

 もしかすると大昔、夏休みの少年少女の集いみたいな機会に、どこかで流しそうめんを体験したような、しないような…。やったといえばやったような、いやいや、ほぼまったく記憶にない。

 行楽地の店で流しそうめんをやっている店もあるかと思うのだが、あれは「最後」の、カゴにたくさん残ってしまった麺をどうするのか、とても気になる。それに「流しますよー」とお店の人が合図してくれるにしても、参加した人(家族や団体)の中で、大食いもしくはすばしこい人がいたら、何回でも取ってしまうと思う。食べられない人はどうするのか。また、うまくキャッチできずに何回でも通過させてしまう人もいるかもしれず。

 店での作法や、最後のカゴに残った部分をどうするのかなど、ご存知の方は教えていただければ幸いである。