だしじる、おみおつけ

 昨日だったが、だし(日本の料理に広く使われている液体)に「汁」をつけて「だしじる」と呼ぶのはおかしい、漢字にしたら「出汁汁」になってしまう……という意見があると聞いた。

 検索してみたところ、どうも「だし」は「煮出し汁」の略が語源であるらしい。一部の人が「だし」を「出汁」を書くようになったために「だしじるを漢字で書くと出汁汁になってしまっておかしい」という話が出て来たのかもしれないが、煮出し汁の略であるなら、言葉としては自然である。

 なお、子供のころに聞いた話だが、味噌汁のように具が多い汁物を指す「おみおつけ」は、「御御御つけ」と書くそうである。「つけ」がご飯に添えられてくるもので、それに「お」をつけているうち、「おつけ」が当然に感じられてまた「お」をつけて〜という具合に「お」が重なったという説があるのだとか。

 おみおつけという言葉自体それほど聞かなくなったが、この話はずっと耳に残っていた。